金型・FA機器向け 高精度ピン・シャフト・ブシュのメーカーとして、多品種少量の短納期生産技術と独自の無給油化技術とで、金型・機械の生産性向上に貢献します!

MENU

スパイラル形状に関して

ol_top2

b017n

オイルレススパイラル溝の概要

精密なクリアランスで摺動するプレス金型のガイドピンや横向きの重力影響でしなり現象が発生するプラスチック金型のガイドピン等は、従来のボーダー溝では偏当たりやそれを起点としたカジリや摩耗などの潤滑トラブルが懸念されます。その対策として、オイルレス摺動ピンにおいてもスパイラル溝形状を採用し、溝が斜めに穴へ挿入されることで、偏当たり時の抵抗を下げ、潤滑トラブルの低減を図りました。また、様々な摺動環境に対応するために、スパイラル溝の角度が選択できるようになりました。これにより、給油作業の低減と潤滑トラブルの低減の両立を期待できるようになりました。

ボーダー溝

従来のボーダー溝形状のピンは、1本の溝が同時にブシュ内部に挿入されるため、位置決め精度やタワミなどに起因する偏当たりで大きく引っ掛かったり、摩擦抵抗が発生しやすい。

ボーダー溝・スパイラル溝

スパイラル溝

スパイラル溝形状のピンは、溝部が当たる位相がずれるために、偏当たりなどの抵抗が分散されて挿入されるため、引っ掛かりづらく、荷重も分散し破損する様な応力集中を起しにくくなる。

溝本数による違い

スパイラル溝の本数を標準で1~3本まで選択することが可能です。
本数の違いにより溝の角度が可変します。使用状況に応じて選択が可能です。

スパイラル溝の本数・間隔

 

ol_doc_h

ol_doc

catalog_ol

お気軽にお問い合わせください TEL 0276-22-6270 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日 除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 タカノ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.