金型・FA機器向け 高精度ピン・シャフト・ブシュのメーカーとして、多品種少量の短納期生産技術と独自の無給油化技術とで、金型・機械の生産性向上に貢献します!

MENU

無給油化する3つの方法

ol_top2

ol_011bmol_022bol_033bm_1ol_044bm_1ol_055bm_1ol_066bm_1ol_077bm_1ol_088bm_1ol_099bm_1

004_005_n

自社で埋設処理(無給油化)をする

Oil-stickを使用して、自社で無給油化することで、製作する金型や省力機器の無給油化が身近に
なります。潤滑トラブルの懸念がある全ての摺動面に必要なタイミングで無給油化をすることが
可能です。無給油摺動部品の完成納期の短縮化、設計ノウハウの流出等に対しても、内製化の
メリットが貢献します。

自社で埋設処理(無給油化)をする

導入事例

自社で部品加工をし、タカノで埋設処理(無給油化)をする

加工した部品をお預かりし、固形潤滑剤の埋設のみをタカノで対応するサービスの提供を行って
います。加工段階で設置する溝の設計に関して少々の打合せが必要となりますが、焼入れや
表面処理に出すような手順で、加工した部品に固形潤滑剤の設置が可能です。

自社で部品加工をし、タカノで埋設処理(無給油化)をする

導入事例

タカノで部品加工と埋設処理(無給油化)をする

部品加工と固形潤滑剤の埋設処理の両方をタカノで行います。
基となる製作図面で埋設設計等の打合せをした上で、精度や納期、価格などに応じて
タカノにて完成品にするか固形潤滑剤の埋設処理だけにするか等のご検討も可能です。

タカノで部品加工と埋設処理(無給油化)をする

導入事例

以上3つの選択肢を組み合わせることで、金型・機械に使用するほとんどの摺動部品を無給油化
することが可能です。製作する部品の仕様等に応じて無給油化の手段をご選択ください。

 

ol_doc_h

ol_doc

catalog_ol

お気軽にお問い合わせください TEL 0276-22-6270 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日 除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 タカノ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.