金型・FA機器向け 高精度ピン・シャフト・ブシュのメーカーとして、多品種少量の短納期生産技術と独自の無給油化技術とで、金型・機械の生産性向上に貢献します!

MENU

TAKANO式  固形潤滑剤の特徴

ol_top2

ol_011bmol_022bm_1ol_033bm_1ol_044bol_055bm_1ol_066bm_1ol_077bm_1ol_088bm_1ol_099bm_1

properties_n

固形潤滑剤の特殊構造により油の含有量が非常に多い!

弊社の潤滑技術は、ベースオイル含有量に大きな違いがあり、その質量比、75~85%程度を実現する高含油固形潤滑剤です。ベースオイルの含有率は、30~90%の範囲で変えることが可能です。固形潤滑剤を設置した一般的な無給油部品(オイルレス部品)などは、オイルが浸みこむ微細なポーラス状の筐体を成形し、そのオイルを含浸させる工法が多く、スポンジに水を染みこませるイメージです。多くの油を染みこませることが可能ですが、逆に漏れや浸み出しも発生することになります。TAKANO式固形潤滑剤は、表面からオイルが染み出ている独自の製法により、成形前に調合したオイルのほとんどを閉じこめます。閉じこめられたオイルは微細なオイル溜りを球状に成形され、それらがポーラス状に配備されます。その為、一般的な固形潤滑剤と比較してオイルをリッチに搭載できることが特長の一つです。密接に重なり合った球状のミクロオイルプールは、温度上昇や摺動などの刺激を受け、表面張力によって摺動面へと押し出されます。

表面拡大写真

TAKANO固形潤滑剤の成分が拡がる原理

 

ol_doc_h

ol_doc

catalog_ol

お気軽にお問い合わせください TEL 0276-22-6270 受付時間 9:00 - 17:00 [ 土・日 除く ]

PAGETOP
Copyright © 株式会社 タカノ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.